スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL♪

今日でブログのコメント欄も閉めます。
今まで本当にありがとう!

またいつかどこかで。
もしかしたら、このお部屋がまた開くときが来るかもしれないし…。

それまでみなさんお元気で!
さようなら。

平成29年4月末日
     徳永らじヲと愉快な仲間たち


らじヲの部屋2のファイナル!


(7年間ありがとうございました。みんな大好きだよ♪)


【ご連絡コーナー】
大人の事情でしばらく一部の記事を残していましたが、6月末日をもって完全にブログを閉鎖します。

食べログでも問題になっていましたが、やはり有名ブロガーと呼ばれる人の一部か多くはステマですよ。
そういう人のなかにはかなりずうずうしい人がいて、他人の記事を利用してお金を得たりするんですね。

今までありがとうございました。
こういう形でらじくんを消してしまってごめんなさい。
いつかまた、どこかでお会いしましょう!

byらじママ

スポンサーサイト

ばいばい

これでらじのブログはおしまいです。
今まで7年間、本当にありがとう!

今までブログで嫌がらせを受けたことは何回かあったけれど、普通に遊びに来てくれているお友達さんもいたし、別にやめたいと思ったことはありませんでした。

でも、ネットをお金稼ぎの場所にしている人が、らじのブログ等を勝手に自分のお金儲けに利用したうえに、らじの意思を無視して勝手に次から次へと「お仕事」を受けてきて、らじはいつの間にか当事者にされていて、なんだか裏ではお金が動いているみたくて、だけどらじは何も知らなくて…。

そんなのイヤじゃんっ!
そういうのが続いたら、純粋な気持ちで書いてきた今までの7千件近い記事まで全部ウソになりそうで…。

らじはらじジジとからじババとか家族には普通に旅行をプレゼントしたり食事をプレゼントしたりしてきたから、家族間のそういうのって純粋に見返りを求めない行動なんだと思っていたんだ。

そんなわけで、らじはもう利用されたくないから、今までの記事を消したうえで7年続けてきたブログをやめます。
ツイッターもやめました。

しかし、悔しいことに食べログは退会しても今まで書いた記事は消せないんだって!
ぎゅるぅ~っ!!

本当は今すぐすべての記事を消して消えたいけれど、大人の事情でしばらくはこのまま一部の記事を載せておきます。
めっちゃ不本意っ!!

最後のお別れがこんな言い訳がましい記事でごめんね。
でもらじは徳永英明おやびんの曲では『最後の言い訳』が一番好きだから、最後の言い訳をさせてください。

おやびんが歌っているとおり、一番近くにいても一番わかりあえないのって案外兄弟姉妹とか肉親系だったりするんだね。
そうじゃないステキな家庭もいっぱいあるとは思うけれど…。

らじが消えてもニセらじが登場しては7年間の成長記録を全部消した意味がないので、状況が落ち着くまでしばらくブログのアカウントは消さずにおきます。

食べログも含めて完全に消えられないとわかった今、やっぱりブログは続けようかな…なんて少しは思ったりもしたけれど、やっぱりそれじゃあダメなんだよね。

でも、いろんなご事情で旅に出られない方がらじのブログで旅を感じてくれていたとか、ありがとうなんてコメントをいただくと、こんならじでも少しは誰かのお役に立てていたのかな…って思って、旅行記などの記事を全部消してしまったことを申し訳なく思ったりもしました。

ブログをやめても記事は残しておく方のほうがはるかに多いみたいだもんね。
でも、それだとらじは利用されちゃうんだ…。

これから時間が経って、状況が変わって、らじの心の傷も癒えて、周りが許してくれるのならば、またブログを始めるかもしれません。
わかんないけど…(苦笑)

それか、このブログも近々コメントできないようにして、みんながらじを忘れた頃にブログごと静かに消えていくって感じになるかと思う。

これからもらじは徳永英明おやびんを愛し、山崎まさよしくんを愛し、旅と読書と映画鑑賞を楽しみ、英語とフランス語のお勉強をしながら、どこかのリンクで滑っています。

太郎姉ちゃんは羽生結弦くんを愛し尊敬し続けるだろうし、スネ夫くんは長澤まさみちゃんや広瀬すずちゃんといった静岡女性に萌え続けるんだろうし、他のみんなも楽しい毎日を過ごしていくと思うよ。

しあわせになるために多少の努力は必要だし、希望は捨てない!
またいつか、みんなに笑って会える日が来たら嬉しいな。

だから、それまでみんなもお元気で。
らじも頑張る。
だから、みんなも頑張って!

今まで本当にありがとう。
7年間らじはしあわせでした。
心から愛を込めて…。

ばいばい♪

      徳永らじヲ

備瀬のワルミ

沖縄旅行最終日。
らじたちは南部の斎場御嶽と同じように北部で聖地として大事にされている「備瀬のワルミ」へ行ってきました。

こちらは沖縄海洋博公園の近く。
つまり美ら海水族館の近くなんだ。

備瀬のフクギ並木も近いよ。
備瀬のフクギ並木ではレンタサイクルも借りられるんだけど、それであんよを伸ばして来ている方もいました。


備瀬のワルミ入口階段


こちらがワルミへ下りていく階段です。
階段の下から撮りました。

おわかりのように雨の日とかはキツイと思う。
しかも、グレートなモスキートーさんたちがバンバンいました。

沖縄は4月はじめでも蚊がいるよ。
遊びに行く方は、しっかり虫よけスプレーを持参しましょう!


備瀬のワルミ


ワルミというのは沖縄のことばで「割れ目」って意味みたい。
こちらは「ワリーバンタ」とも呼ばれる聖地で、バンタってのは「崖」って意味なんだって。

つまり、崖の割れ目。
けっこう高さのある岩がパカっと割れて、海へと続く細い道ができているんだ。


備瀬のワルミ


もちろん海へと続く道は、白いサンゴの砂浜です。
ジャングルのような熱帯雨林を抜けてスーっと海へと吸い込まれそうな感じ。

かつては現地の方もなかなかたどり着けない場所だったみたいなんだけど、らじが行ったときは外国人さんたちがめちゃくちゃ来てた。
らじたち以外、全員外国人!

たぶんSNSとかで話題になっているんだろうね~。
まぁ、らじもここに書いたけど…(笑)

かつては「選ばれし者しかたどりつけない聖地」だったらしいけれど、今は入口に6台くらいは車が停められる駐車場ちっくな場所があるし、ワルミへの入口わきには飲み物の自動販売機もあって、人気急上昇中の聖地って感じでした。


備瀬のワルミ


海はとてもキレイだったよ。
広い場所ではないけれど、人が少ない早朝とかは、とっても気持ちが良い神秘的な場所だと思う。

ただ、満ち潮のときは手前までしか行けなかったり、台風とか悪天候のときはかなり危険な場所だと思います。

自分たちではどうしようもない地球のサイクルの影響をモロに受ける場所だから、そういう意味ではやはり「選ばれし者」しか味わえない聖地なのだと思いました。

なんだか心や体さんがスゥ~っとする場所だったよ。
とても良かったです♪

沖縄めんそ~れ紀行のメインページはこちら


古宇利島

大人の事情で、沖縄旅行記の続きだよ。
今帰仁城に行った後、らじたちは車で古宇利島に行ってきました。

本部半島からワルミ大橋を通って屋我地島へ。
そこから人気のドライブコースである古宇利大橋を渡って古宇利島へと渡るんだ。

ちなみにワルミ大橋のたもとには「橋の駅リカリカワルミ」なる物産館があって、おっぱジェラートも売られていたよ。


沖縄の古宇利島の白いビーチ


古宇利大橋は青い海を見ながら1960メートル一直線に進む無料のドライブウェイが人気です。

島へと渡る橋の手前の駐車場(無料)からの景色が人気なので、そちらはめっちゃ混んでいた!

なので、らじたちは橋を渡りきった古宇利島に入ってすぐのところにある無料駐車場を利用しました。


沖縄の古宇利島


上の写真は駐車場近くの白い砂浜海岸から橋を見た景色だよ。
途中がぐい~んって盛り上がってるでしょ?

そのあたりからだと車窓の左右が「超~海!」って感じになるんだ。
それが人気なんだって!


0-3_20170426202439d73.jpg


車窓からの海はこんな感じ。
めっちゃ碧いっ♪

この日は天気が薄曇りだったんだけど、それでもこれだけ碧いからね。
沖縄ってスゴイなぁ~!


0-4_2017042620243802e.jpg


古宇利大橋のスゴイところは、ちゃんと歩道があることです。
つまり、橋のどちらかの駐車場に車を止めて、橋を渡って海を楽しむこともできちゃうのだ!

橋の上からウミガメさんとかが見れることもあるみたいだよ。
まぁ、往復4キロ近くなるし、陽射しも「沖縄♪」なので、橋を往復するにはタフな気力と体力が必要だけどね。


0-5_20170426202437fcb.jpg


古宇利島には灯台ちっくなものもあるし、島の橋があるのと反対側には「ハートロック」と呼ばれるハート型の岩があって人気みたいだよ。

らじたちは時間があまりなかったのと、風が強くてらじが吹き飛ばされそうだったので、そこまでは行きませんでした。


0-6_201704262024365a7.jpg


古宇利島の白い砂浜の海岸は、風が穏やかだったらめっちゃ遊べたように思います。

らじたちが利用した駐車場のわきには「大橋わたる」くんなる「ナイスviewで君の話を奏でちゃう?」ちっくな豚さんがいました。

大橋つながりにしてもちょっと苦しいか…。
らじ、かなりのメンタルブロウで今ちょっとおかしいから、面白い話ができなくてごめんなさい。

まぁ、沖縄の古宇利島はこんな感じ。
きゅる~。

沖縄めんそ~れ紀行のメインページはこちら

※新たにコメントをくださった方、コメント欄にお返事したよ!


エル

六本木の待ち合わせの名所アマンドから徒歩3分。
隠れ家的なビルの4階にある1日3組限定の完全予約制のL~エル~さんに行ってきました。

実際に地下鉄から歩いて行くならば、アマンドのある3番ではなく5番出口が便利だよ。

お部屋は完全に扉で防音になっていてさ。
壁に好きな映像を流したり、カラオケをしたりまでできちゃうらしい。
インテリアもラグジュアリーって感じ?

へぇ~っ。
なんだか「TOKYO」ってヤツだね♪


入口


上の写真は入口すぐにあったウェイティングなんちゃらってヤツ?
ほぇ~っ!

らじたちのお部屋は店名の「L」をモチーフにしたっぽい飾りのあるお部屋でした。
そんで、早い時間に行ったので他のお部屋も見させてもらったんだけど、それぞれテーマが違ったよ。

1つは馬さんのお部屋。
もう1つは鹿さんのお部屋でした。
鹿島が優勝したときとか、鹿部屋を借りてパーティとかしたいなぁ♪

メニューは完全に日替わりなんだって。
旬の素材と美味しい国産牛肉で「その日だけの特別メニュー」ってことみたい。

お肉は国産和牛A5ランクにこだわっていて、やっぱりメス牛さんが美味しいらしい。
脂身が全然違うんだって!

らじが行った日のメニューは次のとおりでした。
簡単にザクっと述べると…。


畑のバーニャカウダーサラダ

IMG_1412.jpg


季節の野菜が畑に見立てたイカスミなどを使った食べられる「土」に植わっているの!

いろんな野菜をワイルドに食べることができました。
バーニャカウダソースも美味しかった♪


前菜三種

IMG_1422.jpg


ミニハンバーガー
カイノミ(お肉の貴重な部位!)とアボガドとオレンジのタルタルバケット乗せ
三角バラ肉のブロッコリー肉巻~バルサミコ&フレンチドレッシング~


カイノミの香草パン粉カツ

IMG_1426.jpg


これは激ウマだった♪
超~上品なお味!
3倍くらい食べたかった!!


牛肩三角肉のカルパッチョ

IMG_1433.jpg


さっぱりとした柑橘系ソースで、お口直しってことみたい。
お肉でお口直しってスゴイ♪


フルーツトマトの冷製パスタ

IMG_1434.jpg


とにかくお上品なお味でした。
さっぱりとトマト本来の味を細いパスタで楽しむって感じ。


イタリア産黒トリュフのクリームリゾット

IMG_1435.jpg


これまたバランス良し!
トリュフも主張し過ぎず、しっかりと美味でした。
濃すぎないけど滋味のあるクリームリゾットって貴重♪


三角バラのステーキ

IMG_1439.jpg


これがこの日のメインだけあって、しっかりと素材の味を堪能させてくれたよ。

わさびとか塩とか数種類の味添えもあったけど、そのまんまで十分美味しかったです。


ピスタチオアイスのトローネ添え

IMG_1440.jpg


らじ、ピスタチオって大好きっ♪
濃厚なのにお上品なお味で、珈琲と良く合いました。

ドリンクはいろんな種類のなかから好きに選べたよ。
もちろんカクテル系にしてもOKでした。


各種ワインのマリアージュ
今回は、それぞれの料理に合うワインをおまかせでお願いしました。
お肉がメインのお店だから必然的に赤が多くなるんだけれど、どれも違ってどれも良い♪

グラスにぴったりな分量を淹れてくれるから、しっかりアロマを立たせることができるんだ。
どれもとても良い状態で美味しいワインでした。

こんな感じ!

【まとめ】
これでドリンクも入れて1万円前後だったら良いと思う。
食事はとにかく美味しいし、ワインも美味しいし、個室だから気軽。
卓上にボタンがあるから、お店の方を呼ぶのも楽だし…。

仲間内での気ままな食事会などに良いと思ったよ。
テーブル席ではなくてソファー席だから、本当に気楽だったよ。
で、内容は豪華♪

さいたま市にある美味しい食べ物好きには知られた「喰心」さんプロデュースなんだって。
なるほどね~。

メニューが日替わりというのも何が出るのかお楽しみで良いよね。
それに合わせたワインなどもそれぞれ変わってくるんだろうし…。

最初は敷居が高そうに思ったけれど、一度使えば完全個室がかえって気楽なお店でした。
美味しかった!

美味しいってのが一番ポイントが高いよ。
ごちそうさま~♪


プロフィール

らじヲ

Author:らじヲ
7年間ブログをやってきましたが、想い出を消して修行の旅に出ることにしました。
今までありがとう♪
またいつかお会いしましょう!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。