スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備瀬のワルミ

沖縄旅行最終日。
らじたちは南部の斎場御嶽と同じように北部で聖地として大事にされている「備瀬のワルミ」へ行ってきました。

こちらは沖縄海洋博公園の近く。
つまり美ら海水族館の近くなんだ。

備瀬のフクギ並木も近いよ。
備瀬のフクギ並木ではレンタサイクルも借りられるんだけど、それであんよを伸ばして来ている方もいました。


備瀬のワルミ入口階段


こちらがワルミへ下りていく階段です。
階段の下から撮りました。

おわかりのように雨の日とかはキツイと思う。
しかも、グレートなモスキートーさんたちがバンバンいました。

沖縄は4月はじめでも蚊がいるよ。
遊びに行く方は、しっかり虫よけスプレーを持参しましょう!


備瀬のワルミ


ワルミというのは沖縄のことばで「割れ目」って意味みたい。
こちらは「ワリーバンタ」とも呼ばれる聖地で、バンタってのは「崖」って意味なんだって。

つまり、崖の割れ目。
けっこう高さのある岩がパカっと割れて、海へと続く細い道ができているんだ。


備瀬のワルミ


もちろん海へと続く道は、白いサンゴの砂浜です。
ジャングルのような熱帯雨林を抜けてスーっと海へと吸い込まれそうな感じ。

かつては現地の方もなかなかたどり着けない場所だったみたいなんだけど、らじが行ったときは外国人さんたちがめちゃくちゃ来てた。
らじたち以外、全員外国人!

たぶんSNSとかで話題になっているんだろうね~。
まぁ、らじもここに書いたけど…(笑)

かつては「選ばれし者しかたどりつけない聖地」だったらしいけれど、今は入口に6台くらいは車が停められる駐車場ちっくな場所があるし、ワルミへの入口わきには飲み物の自動販売機もあって、人気急上昇中の聖地って感じでした。


備瀬のワルミ


海はとてもキレイだったよ。
広い場所ではないけれど、人が少ない早朝とかは、とっても気持ちが良い神秘的な場所だと思う。

ただ、満ち潮のときは手前までしか行けなかったり、台風とか悪天候のときはかなり危険な場所だと思います。

自分たちではどうしようもない地球のサイクルの影響をモロに受ける場所だから、そういう意味ではやはり「選ばれし者」しか味わえない聖地なのだと思いました。

なんだか心や体さんがスゥ~っとする場所だったよ。
とても良かったです♪

沖縄めんそ~れ紀行のメインページはこちら


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

らじヲ

Author:らじヲ
7年間ブログをやってきましたが、想い出を消して修行の旅に出ることにしました。
今までありがとう♪
またいつかお会いしましょう!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。